Hatena::Grouppico

知らない街にふたりぼっち

|

2011-08-30ONE music camp 2011

ninnycat20110830

http://www.onemusiccamp.com/

ああもー!クッソ楽しかった!!!!!

この一言に尽きます。


快晴!ではないものの雨ではなく多少雲があって過ごしやすい天気の中、大荷物を持って集合するみんなの顔見るだけでテンション上がる!

さっそくスーパー玉出で5人分のビール(35本!まああっという間になくなったんですけど)とBBQ用の食材を軽く買出しした後高速で一路三田へ。

車中では異音サプライズの時に作った夏セトリをシャッフルで。さかぼんが普段防災グッズとして用意してるという、ビーチズのサンバホイッスル吹き始めたり。真心ブラザーズサマーヌードを聴いたくいなじが「これ嘉門達夫?」って言い出してもう嘉門達夫にしか聴こえなくなったり。

もう何しても笑っちゃう夏のお出かけのあのアッパーな感じ。行き道から完璧なフェス。

ほどなく(新今宮→会場まで1時間半ぐらい)三田アスレチック到着。

はっきり言って道は不安やったけど、iPhoneアプリのナビが意外に働いてくれて、一度も迷うことなく無事たどり着けました。


会場は想像してたよりずっとこじんまりしたいい雰囲気。端から端まで移動しても5分もかからない感じ。ただし山道やけど。

荷物を降ろして基地作って早速ビールで乾杯して会場内を探検、プール発見して即座にドボーン。

そしてここに来てさかぼんがミラクル発動。着替える場所を求めてプールそばのロッジに更衣室を借りられないか聞いたところ、空き部屋があるから自由に使ってくれていいよ、とのこと。更に突っ込んでみたら、夜も泊まっていいって!やった!畳!お風呂!エアコン!!

バンガロー争奪戦に負け、テントの用意もなかったあたしらは良くてコインシャワー→大部屋で雑魚寝、のつもりだったのが、思わぬ嬉しいサプライズで上がりきっていたテンションはもうすでにレッドゾーン突入w

それからほぼ3時間ぐらいプール入りっぱなしやったね…途中で滋賀チームにmacoちゃんチームも合流して。

学生の頃の夏みたいに酔っぱらって笑って、プールサイドから何度も手をつないで飛び込んだり、肩車で水中に投げ込まれたりしてね。


しかしわたしらはプールに入りにきたわけではないので、多少後ろ髪引かれながらもプールを後にしてステージエリアへと。

とは言ってもやっぱりライブはそっちのけで、チームmementoやチームpsybavaのBBQに乱入して飲んで食べて。

Pe & Sakのテントを冷やかし、フードテント行ってコロッケおでん買い食いして。


この日初めてちゃんとライブ見たのは、ONEを最後に活動を休止するtobaccojuiceから。

休止を悲しんだ空が泣いてるとしか思えないような、レインコートなんて何の役にも立たない大雨の中、ずぶ濡れのまま踊り続けたのでした。泣いてもばれないしね。

去年あたりからバンドに関して残念なニュースが増えてる気がするけど、ラストライブを見られる機会はそうないので、心に焼き付けてきたよ。

またいつか、見れるって信じてるけど。


その後もタイムテーブルなんて気にもせずBBQエリアでだらだらして(くまちゃんチームのたこ焼きおいしかった!)、気づけばu-lalaのライブがとっくに始まってて、ていうか聞き覚えある音を頼りにサブステージ行ったら最後の一曲が終わりに近づいてるところで…

リアルに orz ←こんなんなりました。めっちゃ久しぶりのライブやったのに!次いつ見れるかわからんのに!

ライブ見てないことを後でメンバーに伝えて絶句されたりしながら、それでもONEフェスはまだ続くのです。


とにかく、スタートから機材トラブルでまさかの1時間押しやったこともあり、更に帰りの時間も心配しなくてよかったので、○時にあのバンドを見なきゃ!っていうのが一切なく、ほんと全般的にゆるゆる。

何したっけなー。

カズキくんとこのうーたん(2歳。おねむやったみたいで抱っこでお散歩してたら肩にこてん。ってもたれてくれてスーパーかわいかった!)と戯れたり、その辺に置いてあったジャンベで遊んだり、ロッジ行ってごろごろしたり(畳天才!)、プールでビールが効いたのか早くも果てて切り株と一体化しかかってた人を介抱したり、洞窟探検したり、漏れ聴こえてくる音に釣られて名前も初めて聞くようなバンドをチラ見したり。

どれも都会のフェスではできない体験。


そんなこんなで気づいたらあっという間に夜。

ステージから少し離れると、ライトがなければ足元も見えない暗闇、っていう環境の中、普段は忘れがちな夜の暗さを再確認したりしてね。


そしてmemento森のライブ。

メメント初野外は春渚やったけど、その時はichiさんが病欠やったのでフルメンバーでの野外は今回が初めて。しかもやっぱメメントには夜が似合う。

もうね、安定感とは程遠い、見てて痛みを感じるようなライブでした。実際、途中でステージから走り去った慧ちゃんが戻ってきたら足から血流したりしてたけど。

見てる位置が前過ぎたのかボーカルが聴こえづらいのが不満やったけど、盛り上がってたしすごくよかったと思う!みんないい顔してた。


トリはpsybava。

マネージャーのジュンイチさんをはじめみんな言ってたけど、文句なく過去最高のライブ。

ゆのがサポートメンバーになって4回目のライブってことでいい感じになじんできたのが見て取れたし、聖夜さんがずーっとニコニコしながらドラム叩いてたのも嬉しかった。

特に「victoria(reprise)」の時はみんなじっとしてられない!みたいな感じで自然発生的にモッシュが起こって、psybavaほんまエエ波来てる!まだまだ行くで!!っていう気持ちでライブ見てたのに…のに…

最後に1曲を残したMCで、スミちゃんから告げられたのはなんとトランペットむーにゃんの脱退。それも、あとたった1回のライブを残すのみ。

まったく知らなかったし、むーにゃんが、ううん、今のpsybavaから誰かが抜けるなんて考えたこともなかったので、ただただ呆然とするばかりで演奏が始まっても体を揺らすこともできずに立ち尽くしてた。


最後の曲「pray」が終わって、客席に降りてきたむーにゃんにしがみついて泣いた。久しぶりに声出して子供みたいにわんわん泣いた。

むーにゃん困ってたし周りも心配してくれてたのわかったけど止まらんかった。

メンバーの脱退は、これまでだって大好きなバンドで何回も見てきたしその度なんとか自分の中で折り合いつけて乗り越えて来たけれど、今回は無理やと思った。

むーにゃんがたくさん考えた上での前向きな決断だったっていうのは理解はできるし、むーにゃんは「トランペット吹くことはやめないし、また遊びたいからイベントとか誘ってね」って言ってくれたけど、別にあたしはむーにゃんの吹くトランペットだけが大好きっていうわけじゃないし、何なら楽器持たずに踊ってるだけやとしてもむーにゃんにはステージに居てほしいし、またいつか、じゃなく、今のpsybavaにこそ必要な人やと思ってるから、やっぱり理解はできても納得するまでには時間がかかりそうです。


そんなむーにゃんのラストステージは9/2(金)のシャングリラ。

その日あたしはDJで参加します。

多分まだグズグズ言ってると思うけど、ひとりでも多くの人に最後のライブを見届けて送り出してあげてほしいとは思ってるので、また後で告知書きます。


結局、psybavaのライブが終わったのは日付が変わった後。

6時起きだったし2時間運転したし3時間プールで遊んだし飲んだし踊ったし、体力的にはめっちゃ疲れてたはずなのに、なぜか少しもしんどくなく眠くもなく、なんならこのまま永遠に夜が続けばいいのに、ぐらいの気持ちだった。

ライブが終わるまでアルコールを控えてたpsybavaチームに誘われて、再びバーベキューエリアへ。

イケメンが焼いてくれる肉と絶品焼き野菜をツマミにビール飲んでたらmemento×psybavaメンバーでセッションが始まった!なんて贅沢。

途中、ベロベロのtobaccojuiceまっちゃんが乱入してきて、なぜか「Happy Birthday」を弾き語り。しかしボロボロw

歌い終わったまっちゃんは、みんなが止めるのも聞かず坂道を転がり落ちていきました…www


その後「テキーラ飲みに行くぞー!」というメンバーを苦笑いで見送り、電池切れ掛かってカクンカクンし出したさかぼんを連れて宿へ。

が、あんまりにも眠くなく、というか寝るのが勿体なくて仕方なかったので、こっそり夜のプールに忍び込んで遊びました。

空には初めて見るような満天の星。

お酒と炎で火照った体に冷たい水が気持ちよくて、仰向けで水に浮かんだまま慧ちゃんと話したりして。

めちゃくちゃ楽しかった一日の終わりに、思いがけない最高のプレゼントをもらった気分で、まだ遊んでるメンバーを残したまま熱いお風呂に浸かってばたりと寝ました。


お風呂入った後涼しい部屋で体伸ばして寝られたので、3時間弱しか寝てなくても体力はほどなくMAXに回復。

ただ、早い時間に商品売り切れによりフードエリアが閉店してしまってからは食料の調達ができず、おまけに自販機もない環境だったので起床時全員難民状態。

早々と片づけを終えて会場を後にし、コンビニへと車を走らせたのでした。

でも考えたらキャンプする人たちは朝ごはんの準備もしてたんやろうし、過ぎてしまえばそんな思い出も笑い話になるんやろうけどね。

来年は万全の体制で挑むよ!


コンビニで腹ごしらえして道の駅ぶらぶらした後、くまちゃんチームと、偶然会ったpsybavaチームに別れを告げて大阪へと。

帰りの車の中の寂しさがハンパなかった。

行きと同じ曲を聴いててもテンションはどんどん下がっていくし、それを無理矢理上げて笑いつつ、わざと高速乗らずに下道で時間かけて帰った。

大阪に着いて、順番に車からみんなが降りていって、さかぼんと二人、カーナビがなくても走れる地元に戻って来た時にナビの設定を解除することすら切なかった。


それだけ楽しんだっていうこと。

残った筋肉痛も、虫刺されの痕さえ愛しいほど。

大げさじゃなく、今まで生きてきた中で一番楽しい夏でした。関わった人全てに感謝。


ONEフェスは本当に本当にいいイベントで、有名になって朝霧みたいにチケット取れなくなったりしたらすごく困るんだけど、それ以上にこのフェスに参加できたことを自慢したくて日記書きました。

写真貼りたいけど力尽きたので興味ある人はTwittermixiの日記からアルバム探してみてください。


死ぬまでにあと何回ここまでやって来れるのかい

死ぬまでにあと何回このきれいな場所へやって来れるのかい

ガーベラ/tobaccojuice

ninnycatninnycat2011/08/30 17:334年ぶり更新w たぶんいろいろ仕様変わったんやろうねー。画像の貼り方すらわからない…

IsaacIsaac2013/11/22 23:45I actually found this more enttneainirg than James Joyce.

JassimJassim2013/11/24 10:02Thought it wo'ldnut to give it a shot. I was right. http://pnhoqrd.com [url=http://vlesvzyxi.com]vlesvzyxi[/url] [link=http://jgzban.com]jgzban[/link]

JuuniorJuunior2013/11/25 17:03This was so helpful and easy! Do you have any artelcis on rehab? http://cuiqewvege.com [url=http://tvvunadv.com]tvvunadv[/url] [link=http://jvtbyfb.com]jvtbyfb[/link]

|